[レポート] 10月24日(金)SENSEアバンティ「人生の大きな選択」

今回のアバンティは、いつものSENSEではなく、松本市白板の東昌寺のお堂で開催致しました。

各種イベントの音響・舞台照明を手掛けているファーストサウンド安曇野、丸山さんがお寺の雰囲気を活かしつつも、異空間へと誘ってくれました。

インタビューアー キムさん
ゲスト 東昌寺ご住職、飯島惠道さん

テーマは、「人生の大きな選択」

内容に関して、報告は致しません。

翌日に飯島さんから寄せられたコメントと、写真で感じ取って頂ければ幸いです。

——————————————————————-
お寺の本堂が、
「アバンティ素敵空間」から日常の空間に戻り、
本日も超過、いや、朝課如常了。

あらためて自分が歩んできた道を振り返ってみると、
ナニシテキタンダジブンの感。。。

その時その時で選択しつつ進んできたつもりだったけれど、
その時その場にいたことの理由というのは、
それを決定する以前よりも、
スタートを切って走り出してからのほうが、
「理由の輪郭」が明瞭になってくることのほうが多かった。

「意思決定→行動の、意味づけ・意味合い」といったほうが近いかもしれない。
なににつけ、限りある人生の時間において、
ジブンが目指したところまで到達できるかどうか、
私自身にもわからない。
加えて、そこまで到達しようとする思いの強さは、私にしかわからない。

さらに、その結果に至るまでの道程は、私だけの力ではおそらく進むことができず、周囲に助けていただくことになると思う。
人生の道すがら、私と同じように「とにかく前進あるのみ!」と精進を続ける人々と出会いたい。そのような人々とは、目指す方向は違えども、思いを分かち合うことができるように思うし、わが身わが心をもはなちわすれて、力をも分かち合うことができるような気がしている。

昨夜の「アバンティ」では、前進を続ける人々との出会いがあり、私にとって非常に貴重な体験であった。

悩みが多く、一歩をためらったり、歩みを止めてしまうことが多い私であるが、
「人生は限りがあるのだから、今、一歩を踏み出さないでどうするの?歩いてこうよ!」
そんなメッセージを、参加された皆さんから受け取ることができた。

大きな一歩は踏み出せないかもしれないが、
今までのように、小さな一歩を積み重ねていきたいと思う。

昨夜のアバンティを一層素敵空間に導いたのは、
体にも心にも優しく安全なお料理を提供してくれた、
当山典座さま!

見て満足、食べて満足なお料理。
私は持ち合わせない才能。。。
忙しい日常の中、「お料理de参加」してくれたわが妹に、
心から感謝(^人^)
おいしかったです!!!

忙しさにかまけ、今までコンビニ弁当でなんとかしのいできた自分の食生活も深く反省・・・。

・・・・・こんな私ですが、皆様、どうか、お力をお貸しください。
アバンティに集われた皆様に、
再び、この、お寺素敵空間でお会いできたらと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
以上、昨夜のまとめまで。
(^人^)

——————————————————————-


飯島さんは、グリーフケア集団「ハートビート」を立ち上げて活動もされています。

次回のSENSEアバンティは、11月28日(金)19時から

詳細はこちら。
http://beownsense.com/?p=826

テーマは「コミュニティカフェ」
佐久市でコミュニティカフェを作るために動いている「江原政文」さん、
同じく阿南町で動いている「尾崎真理子」さんのお二人をゲストにお招きします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です