2月6日(木)「ビジネスモデルジェネレーション(BMG)読書会」


2月6日(木)19時より、SENSEのコミュニティルームHEIDI(ハイジ)で開催致しました。

まずは、ビジネスモデルキャンバス自体が初めてという方がいらっしゃったので、続けて参加してくれている方に9つのブロックを割り振り、ご自身の言葉で説明してもらいました。

一通り説明が終わった後に、株式会社コプロジェクト・エムオリジナルのアンケート用紙に記入していただき、みんなで揉んでいく事業を決めます。
このアンケートは2種類あって、
・VP(顧客に提案する価値、もの)とCS(誰がお客さんなのか)が初めに決まっていて事業を展開する場合
・KR(持っている資源)から事業を展開していく場合

今回取り上げられなかった方も、これを元にキャンバスを描いていくことができます。
(以下に公開するのでご自由にダウンロードしてお使い下さい)

今回取り上げた方は、対象(CS)は明確で想いはあるけど、実際に何を提供するのか(VP)が不確定な段階でしたので、ちょっと異色ながらスピードストーミングによってVPを沢山出して一つを選んでみました。

10代20代の若者に対して、彼らが新しい価値を社会に対して生み出していくことのサポートをしたい。
デジタルやITを活用したものがいいな。
彼らが新しい価値を生み出すことで、社会全体の活性化へと繋げていきたい。

そして、お題を出した方が予備校に勤めているということで
「予備校を舞台に10代、20代の若者が楽しめる授業」
をテーマにアイデア出しをしました。

その結果選ばれたものは、
「アングラ授業」

社会のアンダーグラウンドで生きている人達が講師となって社会を生きることを教える。
一般的な予備校の需要が表なら、裏も教えることでトータルに成長をサポート。
学校の授業でも、記憶に残っているのは教科書以外の脱線した先生の話だったりするよね。

21時の読書会以降も参加者同士、新しい事業、価値を生み出すことについて熱く語り合いました。

テーマに取り上げる事業の段階(今回はアイデアレベル)や課題によって読書会の内容が変わる。
一期一会の出会いが面白いですね。

さあ、次回は3月6日(木)19時から。
こちらの問合せフォームからお申し込み下さい。
または、ファシリテーターの末次(携帯090-9122-6032)までお問い合わせ下さい。

今回ファシリテーターを務めさせて頂きました
SENSEメンバー株式会社コプロジェクト・エム、末次(すえなみ)がご報告致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です